• 袴田泰規

「同質化」という基礎基本

競合店に負けているから悔しいではなくて、負けているからこそ有効に使える戦略が山ほどあります。

皆様の中で、競合店に無い機械を導入すれば稼動があがるという戦略を取っていませんか?市場の下位店がよく行う差別化戦略ですが、まずは自店の常連様にスポットを当てて考えてみてください。上位店に導入されていないような遊技機は、作りこみもいまいちであり、一度遊技したら次回は遊技しようと思わない機械が多いでしょう!そんな遊技機が店内で多くなれば、常連様が打てる機種が徐々に少なくなってきてしまいます。作りこみが出来ている遊技機はリピート率も高く、来店回数を引き上げる役目をももたらしています。

顧客ニーズは、各競合店の総客数となって現れていますから、ニーズに合っているから客数が高く、合っていないから客数が少ないのは当然のことで、この現実から背くと客数を減らす元になります。

競合店においても、また遊技したい機種があるから来店したいという常連様が多く存在しているからこそ、営業が成り立っています。常連様で、つまらない機種を永遠と遊技することはないでしょう!

それを競合店に無い機械ばかりを一生懸命導入していて、既存常連様の為になっているのかも考えなければなりません。競合の常連様も受け入れているような機械(同じ顧客がリピートされているか客層調査)は、自店常連様の為に同質化をすべきということです。

つまり、上位競合店は、常に顧客ニーズ実験をしてくれていると下位店は思えばいいのです。

実験結果をもとに、自店常連顧客の為に、格安中古導入していけば、リピート施策の実現、無駄な機械投資、そして顧客への粗利負担も少なくなります。各お店の常連様は、他店に行かないという特性があるので、遅れて導入しても本人にとっては最新台なのです。

競合に負けていて得することはいっぱいあります。それを見つけ出した下位店は確実に生き残ることができると統計上立証できてきました。


19回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。お問い合わせinfo@mysite.co.jp

  • Grey LinkedIn Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Google+ Icon